事業所で感染者が出たらどうしたいい?慌てず消毒の徹底を!

ウイルス除菌作業

3密(密閉・密集・密接)を避けて、ソーシャルディスタンスを意識していても、介護施設や教育機関、飲食店などは特に運営が難しいというお声もあります。
その中でもし、スタッフが新型コロナウィルスに感染した場合どうすればいいのか?

スタッフの感染者が確認された場合、事業者は保健所の指示に従って対応を行い、濃厚接触者の自宅待機や事業所の消毒などを行わなければいけません。

 

1.感染者(スタッフ)の対応

感染が発覚したスタッフに対して、調査を行い感染経路の確認を行います。
そして、今後の流れや社内の対応についても説明を行ってください。
原則として、陽性者が判明したときは、感染のリスクがなくなるまで休業を強いられます。

 

2.濃厚感染者の特定

感染したスタッフの調査を行ったうえ、社内や取引先などの濃厚接触者を特定して、感染拡大を防ぐため社内外への周知を行ってください。
社内で濃厚接触者がいた場合、その人の検査結果がわかるまで自宅待機や在宅勤務など被害を最小化する対応が求められます。

 

3.施設の消毒

感染者が接触したところを重点的に消毒を行います。
消毒は感染者の執務エリアの半径2m程度や、アルコール消毒液(70%〜80%)もしくは次亜塩素酸ナトリウム水溶液(0.05%)などを使用しなければいけません。
また、マスクや手袋など保護具が消毒を行う際には必要になります。

 

中小の事業者様では大変です。
弊社の消毒サービスでは防護服を着用した専門部隊が「安定型次亜塩素酸ナトリウム」を用い、内部の備品1つ1つの「拭き上げ」と「噴霧器」のダブルで徹底的に殺菌・消毒いたします。

 

4.消毒の補助

各地方自治体で施設の消毒補助があります。

●長崎県

新型コロナウィルス感染症に対する対策

http://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2020/03/1585212419.pdf

長崎県では障害福祉施設が感染症患者の発生時に実施する施設内の消毒委託経費に対しての補助があります。

 

●広島県呉市

【新型コロナウィルス関連】事業者の皆様へ 『消毒事業の補助金』

https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/40/shoudokuhojo.html

 

呉市では感染者の訪問などにより事業所等の消毒が必要となった場合、最大50万円(補助率1/2)の支援があります。

 

詳しくは各々の地方自治体をご確認ください。