【リフォームの補助金制度】リフォーム前に知っておきたいお金の話

【リフォームの補助金制度】リフォーム前に知っておきたいお金の話

リフォームを考えている人にとって、一番の悩みは資金面ではないでしょうか。実現したいことがたくさんあっても、予算には限りがあるのでじっくり相談しなければいけません。しかし、予算ばかり気にして、理想とかけ離れてしまっては意味がないですよね。

そこで今回は、費用が気になる方のために、リフォームの補助金制度についてご紹介させていただきます。補助金をかしこく使うことによって、満足のいくリフォームを目指していきましょう。

 

リフォームの補助金とは

リフォーム時に活用できる補助金には、さまざまなものがあります。お住まいの自治体によって、対象となる工事や金額、申請期間などが異なるので事前の確認が必要です。また、補助金を受けたい場合は、リフォーム業者にも必ず伝えておくようにしましょう。ここでは、リフォームの補助金のなかから、一部をご紹介します。

 

・地方公共団体における住宅リフォーム支援制度

地方公共団体(自治体)は、それぞれ独自の補助金制度を設けています。耐震化リフォーム、省エネに関するリフォーム、バリアフリー化のためのリフォームなど、建物を今の状態よりも高性能にするような工事が対象になることが多いです。お住まいの地域によって、対象となる工事や基準が異なるので、自分の住む地域の補助金を確認してからリフォームを計画することをおすすめします。

また、年度によっても補助金の制度が変わります。リフォームを検討中の方は、最新情報を確認しておきましょう。地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度を検索できるサイト(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会)もあるのでご活用いただくと便利です。

 

・長期優良住宅化リフォーム推進事業 

この制度は、現在ある住宅を長期にわたり保つことができるリフォームや、耐震性や、省エネ化のための性能を向上させたりするリフォームや、子育て世帯に向けてのリフォームに対して国が資金支援をおこなう事業です。

対象となる工事は、性能向上のためのリフォーム、子育て世帯向けのリフォーム以外に、同居対応リフォームも含まれます。条件にもよりますが、最大で1戸あたり300万円が補助される可能性もあります

 

リフォーム補助金制度に関する注意点

リフォームの補助金制度は、資金面で悩む人にとって非常にありがたい制度ですよね。しかし、いくつか注意しておきたいこともあります。あとになって、補助金が受け取れなかったというようなトラブルがないよう、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

1.補助金対象のリフォームかどうか

当たり前のことですが、まずは補助金対象のリフォームかどうかはしっかり確認しておきましょう。上記以外にも、補助金支給の対象となるリフォームはたくさんありますが、どれも条件が細かく決められています。たとえば、利用の条件として「リフォームをおこなう施工業者が指定されている場合」などは要注意です。

 

2.申請は工事を始める前に

補助金の申請において、一番大切なのは「申請のタイミング」です。そもそも、工事を始める前のみしか補助金申請をすることはできません。工事が始まってしまってからや、工事終了後には申請できないので注意しましょう。また、工事が終了する時期も重要です。制度によっては、工事期間に期限が決められているものもあり、その期間を守れない場合、補助金が受け取れない場合もあります。

 

3.自治体の予算上限に達したら終了

補助金の申請は、早めにおこないましょう。補助金は自治体などによって申請の受付期間が設けられています。しかし、申請期間内であれば必ず補助金を受けられるかと言えばそうではなく、予算の上限に達してしまうと締め切られてしまいます。そのため、補助金を考えておられる方は、申請期間のなるべく早いうちにおこなうようにしましょう。

基本的には、年度初めの春に申請が始まることが多く、夏から秋あたりで締め切られてしまう可能性が高いということを頭に入れておいてください。

 

補助金以外に減税制度もある

じつは、リフォームには補助金以外にも、お得な減税制度というものがあります。リフォーム補助金は、申請して対象金額を受け取ることができる制度、一方で、リフォーム減税は確定申告によって支払う税金をおさえられる制度です。

ここでは、詳しい解説は割愛しますが、リフォームを検討中の方は「減税制度」があることを知っておいて損はありません。利用できる減税制度があれば、ぜひ活用してみるとよいでしょう。

 

コロナ禍におけるリフォーム補助金について

コロナウイルスによって生活や仕事のスタイルが変わった人も多いため、「リモートワークに適した改装をしたい」と思う人も多いでしょうし、家にいる時間が増えたため「今まで気にならなかったけどここが気になってきた……」と家の不満点に気づく人も増えたはずです。

自治体によっては、コロナウイルスの感染拡大にともなう経済対策として、リフォーム補助金を拡充しているところもあるようです。もし、自分の住んでいる地域でも、コロナウイルス対策として、補助金制度が導入されているなら、これを機にリフォームをしてみるのもいいかもしれません。こちらも、ほかの補助金同様条件がそれぞれ異なるので、必ずお住まいの自治体に問い合わせるかHPなどで確認するようにしましょう。

 

リフォーム補助金でお得なチャンスを逃さないで

リフォームを考えているなら必ずチェックしておきたい補助金制度。お得に家を改修できるチャンスを逃さないように、申請の期間や工事の内容などを把握しておきましょう。

弊社では、費用に関するご相談にも丁寧に対応させていただきます。補助金制度や予算に合わせたリフォームについても一緒に考えさせていただきますので、お見積りだけでも、ぜひ一度ご相談ください。