キッチン・浴室のリフォーム費用|水回りリフォームで自宅を快適に

キッチン浴室リフォーム費用

水回り設備の耐用年数は、およそ15年から25年といわれています。水回り設備は毎日利用するものですから、汚れや傷みが蓄積されて不具合が発生するなど、設備の劣化が気になってしまうものです。

そのため、水回りのリフォームはとても需要が高く、将来的にリフォームを検討している方も多いでしょう。

そんな方に向けて、この記事では水回りのリフォームの中でも、キッチンと浴室のリフォームに必要な費用相場をご紹介します。予算を知るうえでも、ぜひご参考ください。

 

水回りリフォーム|キッチンの場合

キッチンには、I型やL型、対面型などのタイプがあり、タイプによって価格や工事内容が変化します。

 

工事期間

工事期間は、交換工事のみの場合であれば数日程度とスピーディーに終了します。

 

費用はグレードによって異なる

キッチンにはグレードが存在し、グレードが高いものほど費用も上昇します。

  • スタンダードクラス:約30万円~60万円
  • ハイグレードクラス:約90万円~110万円

スタンダードクラスは追加できるオプション機能や選べる素材が少ないので費用を抑えることができます。一方、ハイグレードクラスの場合はオプションの選択肢が増える反面、高額になってしまいます。

スタンダードクラスのキッチンを購入し、オプションなどを追加しないのであれば、安く見積もって約70万円からリフォームの検討が可能です。

費用を抑えたいのであれば、オプションの取捨選択をしっかりと検討してリフォームプランを考えることがカギとなります。

 

追加できるオプション機能

選べるオプション機能は、キッチンのグレードによって限りがありますが、たとえば、以下のようなオプションが人気です。

  • 食洗器の導入
  • 浄水器付き水栓金具
  • 天吊り型のレンジフードの導入
  • スライド収納の導入

オプション機能は、キッチンをより便利にしてくれることから人気が高いです。追加オプション費用は、約数万円~30万円の費用が相場です。

 

また、キッチンに使用される素材も、お好みに合わせて選ぐことができます。たとえば、このような素材が人気です。

  • ステンレス
  • 人工大理石
  • セラミック

こちらも素材によって価格が変動しますので、こちらもしっかり検討することが大切です。

 

その他、キッチンリフォームに必要な費用

キッチンをリフォームするといっても、新しいキッチンを設置して終わりというわけではありません。今あるキッチンの解体処分、給排水管の工事、電気配線の工事など、新しいキッチンを設置するまでにさまざまな工程があり、それぞれ費用が発生することを知っておきましょう。

 

水回りリフォーム|浴室の場合

近年、浴室は断熱性や保温性の高いユニットバスが主流です。ユニットバスはシステムバスとも呼ばれ、床、天井、壁など浴室の設備が全てセットになっている組み立て式のバスルームのことを指します。

一方で、オーダーメイドで自由に組み合わせが可能なバスルームを在来工法と呼びます。今回は、人気が高いユニットバスのリフォームを紹介します。

 

工事期間

ユニットバスのリフォームには3~5日と比較的長い時間が必要になり、工事の間は入浴することができませんので注意しましょう。

 

ユニットバスもグレードによって価格が異なる

キッチンと同じくユニットバスにもグレードがあります。

  • スタンダードクラス(有名メーカー):約20万円~40万円
  • ミドルクラス:約60万円~80万円
  • ハイグレードクラス:約120万円~140万円

あくまで相場ではありますが、スタンダードクラスのユニットバスを購入し、オプションを追加しない場合は約70万円からリフォームの検討が可能です。

 

追加できるオプション機能

ユニットバスのリフォームで追加できるオプション機能は、以下のようなものがあります。

  • シャワーヘッドの交換
  • 浴槽の素材交換
  • 窓の開口工事
  • LED照明の設置

オプション追加の費用相場は、約数万円~10万円と考えましょう。

予算に余裕があれば、ジェットバス浴室暖房乾燥機、ミストサウナなどのオプションもおすすめです。このあたりになると、追加費用は約20万円~30万円必要になるでしょう。

また、保温風呂フタ、断熱天井などのオプションも日々の生活を便利にしてくれます。ユニットバスはリフォーム完了後に後付けができないオプションが多いので、プランニングの際にしっかり検討することが大切です。

 

その他、浴室リフォームに必要な費用

キッチンリフォームと同じく、浴室解体処分、給排水管の工事、電気配線の工事など、さまざまな工程があります。目安として、30万円程度かかります。

さらに、バスルームの床下が湿気によって腐食していた場合は、床下の修繕工事が発生する場合があります。

 

キッチン・浴室のリフォーム費用ならまず見積りを

キッチンと浴室のリフォーム費用は、どんな素材にするか、どんなオプション機能を追加するのかによって大きく変わります。そのため、予算を決め、どんなリフォームを実現したいのか、きちんとイメージを膨らませておくことが大切ですね。

「思ったよりも高くなりそう……」と思った方も、すぐにはあきらめずリフォーム会社の方と相談するのがよいでしょう。

弊社では、専任スタッフがみなさまの予算を考慮して満足のいくリフォームプランをご提案させていただきます。詳しくは、一度お問い合わせくださいませ。

 

トイレと洗面台のリフォーム費用についてはこちら