ストーブ・ヒーター…暖房器具の処分どうしてる?処分方法・注意点

暖房器具 処分

冬を前にして「暖房器具を処分したい」「ストーブやファンヒーターを買い替えたい」という人も多いのではないでしょうか。しかし、暖房器具の処分は面倒ですし、運ぶのも大変で何かと後回しにしてしまいますよね。

この記事では、暖房器具の処分方法や注意点をご説明します。お得に処分する方法もご説明するので、ぜひご参考ください。

 

暖房器具には大きく分けて3つのタイプがあります。

  • 電気系:電気ストーブ、パネルヒーター、オイルヒーター、電気コタツ
  • 灯油系:石油ストーブ、石油ファンヒーター
  • ガス系:ガスストープ、ガスファンヒーター

 

暖房器具の処分で気をつけること

暖房器具を処分するときは、その種類によっては危険をともなうものがあります。きちんと正しい方法を調べておくようにしましょう。

灯油を使う暖房器具は、処分のときに灯油が残っていると発火のおそれがあります。必ず使い切るか抜き取っておきましょう。灯油を処分する場合、川や空き地に棄てることはやめましょう。最寄りのガソリンスタンドで引き取ってもらえます。

電池を使うタイプのものは、電池を抜いているか確認しましょう。行政の処分を利用する際、暖房機器の多くは粗大ごみ扱いになるのですが、点火装置がついているものは異なる手続きになるかも知れません。注意しましょう。

 

暖房器具の処分方法

「不燃ごみ」「粗大ごみ」と2通りの処分方法があります。各自治体によって不燃ごみの大きさが決まっており、不燃ごみの規定より大きなものは粗大ごみとなります。

 

自治体別 不燃ごみの大きさ(一例)

  • 東京新宿区:一辺の長さが30 cm以下
  • 大阪市:一辺の長さが30 cm以下
  • 名古屋市:30 cm角以下
  • 福岡市:指定の袋に入るもの(45L、30L、15L)
  • 仙台市:一辺の長さが30 cm以下

おおむね30cmという長さが全国的に主流です。自治体によって指定の袋が必要なことも多いため、ご自身のお住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

 

自治体別 粗大ごみの出し方(一例)

  • 東京都新宿区
  1. 電話もしくはインターネットで申し込み
  2. 粗大ごみ処理券(シール)を購入
  3. 受付けの際に申し込んだ場所に出す
  • 大阪市
  1. 電話もしくはインターネットで申し込み
  2. 粗大ごみ手数料納付券を購入(200円・400円・700円・1,000円)
  3. ごみ処理施設へ持ち込む
  • 名古屋市
  1. 電話もしくはインターネットで申し込み
  2. 手数料納付券を購入(250円・500円)
  3. 所定の場所に出す
  • 福岡市
  1. 電話、インターネット、LINEで申し込み
  2. 粗大ごみ処理券を購入(300円・500円・1,000円)※LINE Pay(LINE受付のみ)可
  3. 処理券を貼って所定の場所に持ち込む
  • 仙台市
  1. 電話もしくはインターネットで申し込み
  2. 手数料納付券(シール)を購入(400円・800円・1,200円・1600円・3,000円)
  3. 所定の場所に出す

 

申し込み方法は、電話やインターネットがほとんどです。申し込みと同時に手数料納付券を購入します。自治体によって手数料の値段も異なり、粗大ごみを所定の場所に持ち込む場合と家の前など指定の場所に出しておくと取りにきてくれる場合もあります。取りにきてもらう場合は、有料となることも多いです。

所定の場所に持ち込まなくてはならない場合、車がないと不便ですし、少々手続きが面倒かもしれません。いずれにしても、行政の処分を利用する場合、処分方法や申し込み方法、手数料なども自治体によって異なるため、必ず確認するようにしましょう。

 

処分以外にもさまざまな方法がある

暖房器具を処分する方法は上記以外にもたくさんあります。その一部をご紹介しますので、ご自身のご都合に合わせて、処分方法を選んではいかがでしょうか?

 

買い替え時に一緒に引き取ってもらう

販売店によっては下取りや引き取りをおこなっている場合もあります。この場合、リサイクル料金や収集運搬費用などがかかることもあります。持ち込まずに引き取りにきてくれる販売店もあるので、事前に問い合わせてみましょう。

 

ネットオークション・フリマアプリで売る

暖房器具は、寒い時期の前に欲しい人が増えるので、需要が上がり買取価格も他の季節に比べて高額になる可能性があります。サイトやアプリの会員登録からはじめ、出品登録、買い手がつけば商品を発送します。パソコンやスマートフォンに慣れていないと難しいかも知れません。お近くに詳しい方がいれば教えてもらうとよいでしょう。

 

高価買取業者に買い取ってもらう

フリマアプリのように登録など面倒な手間はなく、処分費用や引取代金がかかることもありません。きちんと動くものでないと買取してもらえませんが、処分を検討されているなら、お手持ちの暖房器具を売って、引っ越し代や新しい暖房器具の足しにしてはいかがでしょうか。

 

買取をご希望の方は、ぜひご相談ください

暖房器具は重たいものも多く、店舗まで持ち込むのは大変です。弊社では、出張買取もおこなっています。電話にてご連絡いただくと専門スタッフが訪問いたします。その場で査定をして、買取金額に了承すればその代金を受け取り手続きは完了です。

宅配買取もおこなっていますので「家に人を呼びたくない」という方もご安心ください。